たまには荒々しく風俗嬢を抱く

何気に結構気にしていること

あんまり風俗嬢に対して細かいことをあれこれ言うつもりもないので、いつもホームページを見てフィーリングなりインスピレーションで遊ぶ風俗嬢を決めているんですけど、とある部分にだけはちょっとこだわりというか、「こうであって欲しいな」というものがあるんです。それは風俗嬢の唇なんです。タラコ唇と揶揄されるような、少し厚ぼったいくらいの唇が好きなんですよ(笑)その方が色っぽいかなって。それでこちらの興奮もかなり高まりますので、風俗嬢は出来れば唇が厚い子が良いんです(笑)でも、決してたらこ唇でなければ遊びたくないって程ではありません。あくまでも「出来れば」で構わないというか、そこまで大きなこだわりを持っている訳ではないんですよ。だから自分でもそこまで深く気にしている訳ではないんですけど、ただたらこ唇の風俗嬢を見つけると自分の気分が上がるのも紛れもない事実なんですよね(笑)だからホームページでは唇に要注意です(笑)

反動というのは絶対にあると思う

風俗っていつ遊んでも楽しいと思うんですけど、とあることに気付いたんです。それは風俗は自分自身がネガティブな気持ちになっている時の方が楽しいものなんじゃないのかなって(笑)ストレスや欲求不満など、気持ちの面でマイナスになっている時の方がその反動と言わんばかりに楽しめるものなんですよ。だから楽しみたいって気持ちよりは、むしろ自分の気持ちがマイナス面に傾いている時の方が断然楽しいものなんじゃないのかなって。そう思えるようになってから、風俗で遊ぶタイミングも分かってきたというか、前は割と気が向いた時に遊んでいたんですけど最近ではそれよりも自分の気持ちがネガティブなものに支配されつつあるときの方が断然楽しいものだなって。反動と言うんですかね。そう思ってからはストレスがたまることに対しての恐怖感もなくなりました。前だったらストレスが蓄積されていくことに対して不安もありましたけど、今はそれが逆に楽しみにつながるんですし。