たまには荒々しく風俗嬢を抱く

消化じゃないんです。満足です

風俗って消化するものじゃなくて満足するものだと思うんですよ。だから単純に消化するだけでは面白くもなんともないんじゃないのかなって思うんです。消化するのではなくて、満足する。それが自分の風俗のテーマでもありますので、とりあえず遊ぶというよりは自分が納得したものを遊ぶ。そう心掛けていますけど、そう考えるとソープが一番マッチしているのかなって思っています。ソープの良さはいろいろなものがありますけど、個人的に思うのはソープって男の本能そのものを満たしてくれるじゃないですか。あの一体感は他の風俗で味わうことが出来ないものなんです。まさにソープだけに許されたものと言っても良いじゃないですか。お口、手。それらも気持ち良いとは思いますよ。でも、そこから先を求めたくなるのも事実じゃないですか(笑)お口でされていると、やっぱりそこから…みたいな気持ちになりますけどソープならそう思う必要もないんです。だからいいんですよね。

清楚系な風俗嬢もかなり面白い

清楚系風俗嬢って、おそらく全体的な割合からすると結構少数派なんじゃないかなと思うんですよ。そもそも、風俗という世界と清楚と言うキャラクターが相反するものなだけに、清楚系の風俗嬢があまりいないのは仕方ない部分もあると思うんです。清楚系って、あまり性の匂いがしないタイプだと思うんですけど、でも実際には彼女、裸になってからは風俗嬢として最高のスキルを持っていました。なぜなら濡れやすいし敏感だしで、攻めていて楽しいタイプの風俗嬢だったんですよ。攻めるのが好きな自分との相性はばっちりだったんじゃないかなと(笑)勝手にそんなことを思いつつ、彼女に対してはガンガン攻めました。それがまたとっても面白いんですよ。あまり声を出さないものの、表情は堪らないものになっているんです。だからこそ、余計燃えたと言うのはありますよね(笑)我慢しているのでこっちとしてももっともっとって気持ちになっちゃうじゃないですか(笑)